2011年12月13日、RITZCARLTONホテルで、「炭化水素資源埋蔵投資基金」IRZUSのプレゼンテーションが開催されました。

2011年12月13日、RITZCARLTONホテルで、「炭化水素資源埋蔵投資基金」IRZUSのプレゼンテーションが開催されました。 プレゼンテーションには、科学集約型技術基金及びMOSKOVSKIYE PARTNYORY投資会社のコンサルタントが参加しました。
席上、IRZUS閉鎖株式会社のサフォーノフ社長から、現時点で、1億2千2百万バレル相当の油田が発見済みで、開発の準備が整っている旨を報告。鉱区の推定価格は6千万ドルとされています。
さらに、サフォーノフ氏の話によると、2012年にロシア統一取引所でIRZUSのIPOをする予定で、推定金額は2千万ドルとされます。発行対象となるのは、会社株式の25%プラス一株とのことです。
また科学集約型技術基金のコワリョフ理事から、油田探検発見のイノベーション型技術について発表がありました。帯水層を兼ねた未開発油田の探検に採用される技術です。
それに加え、MOSKOVSKIYE PARTNYORY投資会社のコーガン会長から本事業の投資魅力や有望性について発表されました。同投資会社としてIRZUSの取引所への参入に手助けすることを強調。
13.12.2011


 GLOBAL ENERGY DIVISION (WALTER SOLUTIONS)

 ENERGY INVEST GROUP LIMITED

 

 

IRZUS(有)と先端技術開発センター(株)はライセンス鉱区(LA)の独立監査を提案
 

IRZUS(有限会社と先端技術研究所株式会社は、「炭化水素資源蓄積の兆候と思われる異常現象区域の発見及びその輪郭の固定を目的とした地球遠隔観測技術の可能性」をテーマに、ライセンス鉱区(LA)の独立監査を提案しました。

 

この監査は地質調査作業の計画の最適化、コスト削減、またその実施時間圧縮に不可欠と思われ、さらにライセンス鉱区(LA)の収益性・有望性の評価にも欠かせないものとされています。

 

 

住所: 115432, 12/2 第2のコズホフスキ通路 モスクワ、ロシア 電話: +7 495 626 27 38 info@irzus.ru irzus.ru © 2016